エネルギー管理士同士で省エネ情報をシェア!

国家資格「エネルギー管理士」の日本で唯一の有資格者団体

一般社団法人全国エネルギー管理士連盟
(略称:エネ管連)

理事・監事・支部役員の紹介

理事・監事・支部役員の紹介

代表理事 田中茂男

エネルギー管理士

東京理科大学理学部卒業。
江南化工株式会社にて生産技術、品質管理、新規設備導入、工場建設等を行い、取締役技術部長を勤めた。また、第1種エネルギー管理指定工場のエネルギー管理者として33年間省エネを推進し、会社の業績向上に貢献した。

専務理事 松島康浩

エネルギー管理士
建築設備士

山梨大学大学院工学研究科機械システム工学修了。
エネルギー問題・地球温暖化問題に関心があり、エネルギー設備メーカー、ESCO事業者等に勤務。

2010年5月低炭素化支援株式会社(現:脱炭素化支援株式会社)を設立し、代表取締役に就任。企業の省エネ・CO2削減・エネルギーコスト削減に貢献している。

理事 大河内敏博

エネルギー管理士

豊田工業高等専門学校卒業。
新日本製鐵株式会社名古屋製鐵所・熱技術・プロセス技術部門にて省エネ業務を実施。その後株式会社東海テクノリサーチ、東海ミツワ電機株式会社等にて工業炉・蒸気ボイラー等の熱設備を中心とした省エネ計測診断、省エネ設備の設計・施工等を行ってきた。実践的な省エネ支援を得意としている。
現在、省エネ診断設計株式会社代表取締役。

理事 野田冬彦

エネルギー管理士
エネルギー診断プロフェッショナル
EnMS審査員(CEMSAR)

東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻
(エネルギー環境社会マネジメント分野)
博士後期課程科目修了退学。

野田エネルギー管理事務所代表取締役。
日本エネルギー経済研究所研究主幹を兼務。

CEM(クリーンエネルギー大臣会合)エネルギーマネジメント・リーダーシップアワード審査員。ISO/TC301(エネルギーマネジメントおよび省エネルギー評価)国内審議委員会WG委員および日本代表エキスパート。

産業部門の省エネルギー政策が専門。
書籍:省エネルギー政策論(共著)。
平成9年から省エネ診断事業や工場調査に15年間参画し、現場のエネルギー管理に精通している。

監事 梶川達也

エネルギー管理士
中小企業診断士
第一種公害防止管理者(水質)
 

英国ウェールズ大学環境アセスメントコース修了(理学修士取得)
(一社)中部産業連盟にて、省資源・省エネ、原価管理、環境マネジメント(ISO14000)、環境経営(LCADfEMFCA)、国際経営管理研修、海外販路開拓、チームワーク力開発などの分野で、製造業を中心に経営コンサルティング・研修サービスを提供している。

東日本支部 支部長 姫井浩明

エネルギー管理士

東北大学大学院工学研究科化学工学専攻修了。
三菱瓦斯化学株式会社にてプラント設備の省エネ実務を担当。
その後省エネコンサルタント会社での勤務や姫井エネルギー・環境管理事務所において各種企業の省エネ診断・エネルギー管理支援を行い、省エネ・節電・省コストに貢献する。

東日本支部 副支部長 溝口孝之

エネルギー管理士
EnMS審査員(CEMSAR
技術士(電気電子部門)
2種電気主任技術者

愛知工業高等学校卒業(電気)
自動車部品製造会社勤務17年間、その後電気保安管理業務に24年間勤務。これら経験を生かし、あらゆる業種に対する省エネ診断(99件)・対策(30件)を実施している。
また、現在省エネ法に対応にした「エネルギー管理支援業務」で複数の企業に携わっている。
エネルギー管理士連盟にくわわり、エネルギー管理士の地位向上を目指している。

東日本支部 副支部長 田脇康広

エネルギー管理士
技術士(環境部門、総合技術監理)
計量士(一般、環境(濃度))

電機器具製造会社に勤務し、国内&海外の工場にて
環境配慮型の商品開発・生産活動・人材育成を担当。
三方良し(売り手、買い手、世間)がモットー。

東日本支部 副支部長 山上晶正

エネルギー管理士
エネルギー診断プロフェッショナル

長野工業高等専門学校卒業(電気)。
約37年間、電力会社(発電所)においてプラント設備の運用・維持等の業務に従事、安全で経済的な電力生産を目指して技術・管理両面での様々な工夫・改善に取り組んだ。

エネ管連が機縁となり、現在は、エネルギー管理士として中小企業のエネルギー診断に携わっている。

西日本支部 支部長 川見俊之

エネルギー管理士

北海道大学工学部機械工学科卒業。
株式会社神戸製鋼所、株式会社ファーストエスコに勤務し、一貫してエネルギー関連の業務に携わり、地域熱供給事業、オンサイト発電事業、ESCO事業等に従事。
2011年エネルギーフロンティア株式会社を設立、代表取締役に就任。「協働事業」による『三方よし経営』を目指し、日々、様々な事業者の省エネ支援、再エネ支援を通じて、微力ながらも、省エネルギー、CO2排出量削減への貢献を目指している。

西日本支部 副支部長 渡辺紘一

エネルギー管理士

鉄鋼短期大学 (電気工学科) 卒業
八幡製鐵(株) 入社以降 堺製鐵所で 25年間一貫して電気設備の建設・改造・保守 を担当。その後 17年間は社外設備を含めて電気設備に限らずに同様の業務を継続。その中で 「省エネ」 に強い意義を感じ、省エネ診断や公的補助金を活用した改造案件を多数実施。これまでの 総省エネ診断数は 300 件超に達する。1998年以降は 本来業務とは別に ECCJ 及び NEDO の 「省エネ専門員」「技術調査員」 や「ESCO導入研究会委員」としての活動も担当してきた。

西日本支部 副支部長 安信政男

エネルギー管理士
技術士補〔環境部門;修習技術者〕
第2種電気主任技術者
ビルの省エネエキスパート検定・合格

山口大学 工学部 電気工学科卒
卒業後 工業系メーカー方面ではなく、倉敷市にある現在では医師500名を有するまで発展した巨大病院にて41年間勤務。業務部門の医療業を通して院内の設備管理、従業員規模に応じた「省エネ委員会」の中心事務局を担う。H29年4月より機縁で 岡山県 新エネルギー・温暖化対策室に事業者省エネ対策コーディネーター(非常勤職員)として採用・配置され、県行政の立場から県内全域の全業種・事業所様に更なるCO2低減・省エネ策の提案・促進を図るという県内の広域的な業務を推進中。

西日本支部 副支部長 植杉昌敏

エネルギー管理士
エネルギー診断プロフェッショナル
太陽光発電アドバイザー
高圧ガス製造保安責任者(甲種機械)

大阪府立工業高等専門学校 総合工学システム学科(機械)卒

新日鉄住金株式会社、日本カーボンマネジメント株式会社に勤務し、一貫してエネルギー関連業務に従事。省エネ・燃料転換等のコスト削減、エネルギーBCPの強化、エネルギー売買契約の交渉、プラントの操業・設備管理等に携わる。
産業部門の製造プロセスに踏み込んだ省エネを指向することで、省CO2・省コストの深堀りを目指している。