エネルギー管理士同士で省エネ情報をシェア!

国家資格「エネルギー管理士」の日本で唯一の有資格者団体

一般社団法人全国エネルギー管理士連盟
(略称:エネ管連)

分科会

「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」の中に分科会を設置して、分科会委員による専門的・集中的な活動により技術情報等を集約します。

分科会の成果物は会員全員に還元します。
更に社会へ還元できることを目指します。

省エネ診断技術分科会

省エネビジネス分科会

省エネ政策分科会

分科会規程

一般社団法人全国エネルギー管理士連盟

分科会 規程

 

(目的)
1条 分科会委員による専門的・集中的な活動により技術情報等を集約します。
分科会の成果物は会員全員に還元し、更に社会へ還元することを目的とする。

 (名称)
2条 全国エネルギー管理士連盟に属する分科会は次の通りとする。
1)「省エネ診断技術分科会」
2)「省エネビジネス分科会」
3)「省エネ政策分科会」 

(活動)
3条 各分科会は、第1条の目的を達成するために、次の活動を行う。
【省エネ診断技術分科会】
1)省エネ診断における効果計算上の課題を把握
2)解決策についての調査・検討
3)結果の連盟会員への公開・共有
4)連盟会員の省エネ診断技術の質的向上への貢献

【省エネビジネス分科会】
1)省エネビジネスの変遷を調査
2SDGsやパリ協定を背景とした今後のビジネス展望を検討
3)他業種や海外のビジネス動向を調査し、省エネビジネスへの展開の可能性を検討
4)他業種ビジネスとの交流

【省エネ政策分科会】
1)省エネ政策の変遷を振り返り、パリ協定時代のあるべき姿を調査
2)エネルギー管理士制度の在り方を検討
3)海外の政策動向と比較調査
4)政策提言を検討

(活動拠点)
4条 各分科会は事務所を持たず、一般社団法人全国エネルギー管理士連盟の本部・各支部の事務所を活動拠点とする。

(会合)
5条 各分科会は、会長の呼びかけにより会合を行う。
但しWeb会議やメールでの情報・意見交換を基本とする。

(委員)
6条 各分科会委員は、原則全国エネルギー管理士連盟の会員とする。
但し、会員外の者を理事会の承認後、オブザーバーとして招聘することもできる。

(委員の資格の取得)
7条 委員として参加を希望する者は、連盟本部へ申し込みをし、その承認を受けた後に、委員として活動を行うことができる。

(委員の資格喪失)
8条 委員が以下のいずれかに該当する場合には、資格を喪失する。
   (1)全国エネルギー管理士連盟を退会したとき
(2)除名されたとき

(任意退会)
9条 委員は、任意にいつでも退会する事ができる。その場合は、会長もしくは本部に申請を行わなければならない。

(除名)
10条 委員が次のいずれかに該当するに至ったときは、各分科会会長により除名することができる。
1)本規程その他の規則に違反したとき
2)会の名誉を汚す行為があったとき
3)その他除名すべき正当な事由があるとき

(会長・副会長の任命)
11条 会長は、全国エネルギー管理士連盟会員より1名を理事会によって任命し、副会長は、委員より1名を会長によって任命する。ただし副会長については、任命者なしでも問題ないとする。

(経費・交通費)
12条 活動の経費は、全国エネルギー管理士連盟が負担する。会合に参加する際の交通費については、会長および副会長のみ全国エネルギー管理士連盟が負担し、委員は自己負担とする。

(報酬)
13条 会長、副会長、委員への報酬はなしとする。

(分科会の新設・廃止)
14条 会員は分科会の新設を理事会へ提案できる。
分科会の新設、廃止は理事会により決定する。

(雑則)
15条 本規程は、20191226日より施行する。